2019年09月23日

【第12回】鍼灸と乳がん治療

頭髪対策B鍼灸ケア
脱毛期もA鍼灸院に通っていましたが「こういう時こそケアすべき」と、髪がなくなった頭を鍼やお灸でじっくり治療していただきました。 「脱毛してしまったのだし、投薬が終わるまでは生えないのだから仕方ない」という発想ではなく、私のつるんとした頭に向き合ってくださったのは感謝しかないです。

私がもし、A先生に相談していなかったらこのような治療もせず、ただ化学療法が終わるのをぼんやり待つ知恵しかなかったはずです。

病気になる以前も、そして今現在も頭には鍼やお灸をしていただいていますが(頭髪のためだけではありませんが)それも含めて、それはやはり効果はあったと実感します。

頭髪における鍼灸の効果は以下(※私の場合)
@ 頭皮全体ムラなく髪が生えそろった。薄毛も回避。
A 早い段階でくせ毛がなくなった
B 質の良い髪が生えた
C 白髪ナシ

化学療法を終えた患者の中には、髪が生えてこない人が2割程度いるそうです。 同じ病気をした知り合いの中にも、きれいに生えず悩んでいる人がいます。

また、化学療法の副作用で頭皮の毛穴が歪むようで、それによって生えてくる髪はくせ毛になります。私もうねりのある天然パーマで生えてきましたが、早い段階でボディパーマ風のゆるいくせ毛になり(ある意味とても好評だった!)あっという間に、ストレートに戻りました。

生えてきた髪も、元の髪より良い髪質に。白髪にもならず(妙齢女性の多くは白髪が増えるらしい)、ツヤのある黒髪に戻りました。 見た目も健やかな状態に戻る喜び。それを叶えてくれたのは、鍼灸の力だと思います。

見た目の問題は、髪だけでなく眉、まつげ、肌と色々ありますが、またそれについても触れていこうと思います。

つづく


posted by aoyama at 00:00| がんと鍼灸

2019年09月09日

【第11回】鍼灸と乳がん治療

頭髪対策Aファッションウィッグ

ウィッグは大きく分けて、ファッションウィッグ(人工毛)と、医療用ウィッグがあります。もし経済的に余裕があり、学校や仕事など、毎日ストレスを軽減して過ごしたいと思うなら、断然医療用ウィッグをオススメします。

私はファッションウィッグを休日用、医療用ウイッグを生活のために使いわけました。
ウィッグをウィッグと思わせないためのポイントはつむじと、襟足(生え際)。

襟足が浮いて見えるとウィッグ感が強くなるのですが、医療用ウィッグは日々の生活に支障がないように設計されているため、購入するかしないかはさておき、一度試着してみると良いと思います。
サイズも豊富に展開されているので自分に合うものが見つかるはずです。

つむじがセンター分けでナチュラル、襟足が浮かない設計、人毛のためトリートメントなどのケアやカラーもOK、コテで髪を巻くこともできるので変化もつけやすく、色々な意味でごまかしやすく、精神的負担が軽減できます。

1番の難点は、医療用ウィッグが高価ということ。
色々調べましたが、10万円〜30万円。年々、医療用ウィッグは進化していますし、安くなってきているのも事実なので(10万円以下もあり)、調べられるだけ調べて自分に合うものを見つけるといいと思います。

最近はウィッグも病院から紹介してくれるサービスもあるようですが、印象としては自分で調べて見つける方が割安の印象です。
私は医療用ウィッグのおかげで、何も知らない人にはだいぶ病気を隠し通せました。

<医療用ウィッグのつむじ>
tsumuji-02.jpg

ウィッグと共に購入したいのは医療用帽子。
Amazonなどで比較して購入しましたが、コットンでできた軽いものがラク。
私の場合、ひとり暮らしで誰も見ていないという理由で家の中では何も被らず過ごすこともありましたが、寝るときに被りました。(朝起きると、たいていどこかへ行っている)バンダナも良いと聞いて頭に巻いてみましたが、ちょっと面倒でほとんど使いませんでした。

頭髪ケアについて、つづく


青山鍼灸院HP


女性の鍼灸〜女性鍼灸師と患者様でつくる鍼灸情報サイト〜
新しく立ち上げたサイトです。どうぞご覧ください。








posted by aoyama at 00:00| がんと鍼灸